全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

貯蓄

SONY生命の学資保険





SONY生命の学資保険についてお話します。SONYといえば言わずとも知れた世界的企業。日本国内でも人気の高いメーカーです。そして、SONY生命も、学資保険の商品は同様に人気を得ています。SONY生命の学資保険がどのようなものか、簡単にご説明しましょう。

学資保険には貯蓄、つまり積立としての性格、そしてまさかの時の保障という2つの性格を持ちます。SONY生命の学資保険は、そのうち貯蓄部分を非常に重視した保険の筆頭にあがるものとなっています。その理由はなんといっても高い返戻率です。SONY生命の学資保険の中でもスタンダードなプランである「18歳満期T型」で、返戻率が109%近くという数字になります。しかし反面、育英年金や医療保障の特約がなく、まさかの時の保障関係には力は入れていません。


学資保険保険ですから保障面も充実しているほうがありがたいですが、積み立てしたお金を満額受け取れることも比較検討の上ではかなり重要なポイントになります。SONY生命の学資保険は総合的に考えても非常に魅力ある学資保険といえます。

貯蓄

生活保護と学資保険について





生活保護を受けている世帯に取ってみても、子供の将来のために学資保険に加入する人は当然います。しかし、古くから生活保護と学資保険については裁判や議論で散々争われている問題です。少しご紹介したいと思います。


なぜ生活保護の需給と学資保険がそこまで問題になるかというと、その原因は主に満期金にあります。満期金は所得税の対象となることからも分かるとおり、一般には所得として扱われます。生活保護はその人の所得額によって需給の有無や額が変わりますから、満期の金額を受け取った時にその対処が問題となるわけです。


かつては学資保険の支払い金を収入として生活保護が減額されるのが通例である時代だったようなのですが、2004年に行われた裁判で学資保険保険金受取を受けての生活保護の減額は違法であるという判決が出たことで、情勢は変わったようです。


昔に比べれば比較的人間らしく生きられる権利が平等に与えられる時代になってきたといえるかもしれません。

貯蓄

離婚と学資保険





あまり想像するのが楽しい話ではないのですが、人生には結婚もあれば離婚も起こりうるものです。学資保険に加入されている方は、離婚後の処理について想定をしておいた方が良いでしょう。その理由をこれからお話します。


離婚と学資保険は案外ややこしく結びつきます。学資保険は子供が対象の保険ですが、その実契約者も満期金の受取人も基本的にはその親御さんになります。したがって、離婚して引き取り先ではない方の親御さんが学資保険の契約者だった場合は、お子様の所在とは関係なく満期金などはそちらに支払われます。財産分与で半分受け取るようには出来るでしょうが、お子様の教育資金が分割されてしまっては意味がありません。


もしも万が一離婚して、学資保険の契約者で無く且つお子様の引き取り手になる場合には必ず前もって学資保険の名義をご自分になさるようにしてください。まだ加入されていない方は、名義変更の手続きの容易さなども比較検討の材料にしておきましょう。

貯蓄

学資保険:貯蓄重視型の紹介





将来、お子様の教育資金にする為に学資保険を貯蓄の一環として加入を考えている方も多いでしょう。ここでは学資保険の中でも貯蓄としての性格に重きを置いたものを少し紹介したいと思います。


何故わざわざ上のような言いまわしをするかというと、学資保険には2つの側面があるからです。ひとつは生命保険としての側面で、契約者や子供さんの有事に対して金銭面で保障を持つことができます。もうひとつが先に挙げた貯蓄面で、保険料を積み立てと考え、満期に積みたてた金額に近い金額が祝い金などの名目で戻ってくると言うものです。


学資保険の中でも貯蓄を重視していて、人気が高いのがソニー生命のものです。保障としての性格はかなり薄くなっていますが、最終的に受け取ることができるお金は積みたてた時より10%以上多くなる契約内容もあります。アフラックの学資保険も返戻率が比較的良いものとなっています。極めつけはSTIの学資保険で、最初に全額を納めると実に4倍近くのお金が受け取れるという契約内容のものもあります。ただし、こちらは積立オンリーの内容ですので契約者やお子様の有事の際の保障は一切ありません。

貯蓄

学資保険の紹介:農協編





子供の将来をサポートする学資保険、農協からも出ているのをご存知ですか?その学資保険は農協の共済、つまりJA共済から出ています。こども共済と言う名前ではありますが、内容はまったくの学資保険そのものです。


数ある学資保険比較して、農協のものの特徴としては、祝い金の受け取り回数が多いことがあげられます。お子様の有事に保障が厚い「えがお」の、入学祝金タイプ(22歳満期、0歳加入)だと3・5・11・14・17歳時と満期の22歳にそれぞれ祝金を受け取ることができます。


医療保障や災害に対する給付も充実しており、特約として付加することができます。育成年金についても「養育年金付き」を選ぶことができますので、学資保険としては広範囲をカバーしたスタンダードなものと言えます。


学資保険選びは本当に慎重になると思います。上記のようにかいつまんで紹介されているサイトなどを見て、あたりをつけていくのもひとつの手では無いでしょうか?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。