全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

子供の保険

学資保険:かんぽの事情





郵便局で取扱っている学資保険といえば、簡易保険・いわゆるかんぽの学資保険のことです。昔は郵政省が簡易保険の事業を行っていましたが、今は郵便・郵便貯金・簡易保険は郵政公社が取り扱っていますので、学資保険も当然そうなります。


以前は学資保険といえばかんぽのものというイメージが非常に強く、孫が生まれればお爺さんお婆さんは孫の顔を拝んだその足で郵便局に行き学資保険の加入を申し込む、と言ったほどポピュラーなものでした。しかし、各保険会社がそれぞれ魅力のある学資保険を次々発売し、そういった保険会社へと加入がシフトして言った結果、郵便局の学資保険は加入が減少してきました。かんぽの事業が郵政公社に譲渡され、やがて民間に移行すると言う状況は、国の後ろ盾が無くなり安心感が削がれるということになり、加入の減少に拍車をかける形になりました。


上記のような現状があり、学資保険の中でかんぽのものは現状すごく人気が高いとはいえません。しかし、非常にスタンダードな内容の学資保険ですし、もともとは公的機関がやっていたものですから悪い要件はまったくありません。比較検討の際にも、選択肢のひとつにいれて頂くことは悪くないと思います。

子供の保険

生協の学資保険





生協、つまりコープにお世話になっている人も多いことだと思いますが、生協には学資保険はあるのでしょうか?各都道府県の生協で生協を窓口にしての別の会社の学資保険の契約は出来るようですが、学資保険という名の保険はありません。しかし、こどもを対象にした医療保障は存在します。


生協の学資保険にあたるものは、その名も「たすけあい ジュニア18コース」です。月額掛金1000円のJ1000円コースと、2000円のJ2000円コースがあります。J1000円コースでも日帰り入院から日額6000円の保障がつきますので、安心感の高い保険といえるでしょう。満19歳の満期まで同額の掛金でOKなのもうれしいところです。


ただし、生協の「たすけあい ジュニア18コース」は貯蓄や積立といった面では学資保険の性格を一切持っていません。貯蓄に重きを置きたいなら他の学資保険にするか、もしくは組み合わせと言う選択肢もあります。よく比較検討してみてください。

子供の保険

学資保険加入の勧め





お子さんが出来たらやることはたくさんありますが、私は学資保険の加入も是非お勧めします。将来のお子様の成長、進学のために、学資保険は入っておいて損はありません。


私が学資保険をお勧めする理由は、学資保険が「転ばぬ先の杖」だからです。元々大金を持っている人は別に問題ないでしょうが、教育資金はこつこつ貯めていうケースがほとんどだと思います。しかし、さあこれから子供の教育資金が増えてくるぞ!と言う時期に親御さんに万が一のことが起こったら、その後の教育資金は誰が見てくれるのでしょうか?学資保険はだいたいのケースにおいて契約者の有事には保険料の払込が免除になり、かつ満期に満額のお金が受け取れます。


また、貯蓄として考えた場合には、自分で計画的に貯めるのが苦手な人には毎月定額でお金を支払わざるを得なくなる学資保険は最適だと思います。


漠然と学資保険の加入へのお勧めを書いてきましたが、学資保険にも様々な種類のものがあるので、十分な比較検討は必要になります。

子供の保険

子供の保険!学資保険





子供のために入る保険の一番に挙げられるのが、学資保険です。子供保険と呼ばれることもあるとおり、学資保険は子供の成長や将来のためにあるものです。しかし、一口に子供保険学資保険といっても内容を一まとめに出来ない部分があります。


子供保険学資保険は貯蓄と保障の2つの側面を持ちます。貯蓄とはつまり将来の学資金を作るための積立を表し、保険料の払込みと言う形で学資金を積み立てていきます。現在の金利では爆発的に増えるわけでもないですが、ソニー生命では払い込み総額の120%近くが戻ってくる契約内容もあります。保障には2種類あり、ひとつは特約として子供の怪我や疾病に対し保険をつけてサポートすること、もうひとつは契約者(親御さん)の有事に払い込み免除や毎年の養育資金の支払いの契約をして万が一のケースに備えることです。


この2つのバランスが保険会社によってまちまちで、中には子供のための保険といえども保障部分がまったく無い積立オンリーの学資保険もありますので、前述したとおり一まとめでは言えないところがあるのです。しかし、バラエティに富んでいることは悪いことではありません。ご自分とお子様の将来設計を元にいろいろな会社のものを比較検討できるのはありがたいといえるのではないでしょうか?

子供の保険

郵政省の学資保険





郵政省が取り扱っていた学資保険といえば、もちろん郵便局の簡易保険で扱っている学資保険のことです。今は郵便・郵便貯金・簡易保険は郵政公社が取り扱っていますので郵政省が取扱う学資保険は厳密には存在しません。しかし扱いが変わっただけかと言えば、それだけではない部分もあるのです。


郵政省が取り扱っていた時代には郵便局の学資保険は非常に人気が高く、孫が生まれればお爺さんお婆さんは早速郵便局に行き学資保険の加入を申し込む、と言ったほどポピュラーなものでした。しかし、たくさんの保険会社が魅力のある学資保険を発売していった結果、そういった保険会社へと加入が拡散していってしまい、郵便局の学資保険は加入が減少してきました。さらにいうと簡易保険の事業が郵政公社に譲渡され、やがて民間に移行すると言う状況は、国の後ろ盾という安心感がなくなることを意味し、加入の減少に拍車をかけたようです。「それだけでない部分」とは、ここなのです。


上記のような現状があるとはいえ、郵政省の時ほどの信頼性はないですが郵便局の学資保険はスタンダードで脇の固まった学資保険ですので、比較検討の際には是非選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

子供の保険

学資保険の返戻率





お子さんの将来を考え、学資保険を調べていると返戻率という言葉が良く目に入ってくると思います。ここでは学資保険の返戻率についてお話したいと思います。


学資保険の返戻率とは、学資保険を満期まで払い続けたとき、最終的に受け取る金額が支払い総額に対してどれくらいの差があるのかを、割合で表したものです。例えば保険料の支払い総額が400万円で、満期に一括で受け取った金額が440万円なら、返戻率は110%となります。この計算をする際は、節目に受け取る一時金も合わせ、総額同志で計算をします。


貯蓄という視点で見た場合には、当然返戻率が高い方が良いですし、単純に考えたら積み立てたお金の返戻率が100%以下なら、損した気分にもなります。しかし、そこは学資保険」というものですので、保障が厚ければその分の費用は掛け捨てという見方になります。


学資保険を選ぶ際には返戻率だけでなく、契約内容をしっかり確認して比較検討しましょう。

子供の保険

保険について(学資金編)





子供のための保険は様々ありますが、将来の学資金のために加入しておくことをお勧めしたいのが、学資保険です。保険の中でも学資保険は、貯蓄性が重視されていますので積立の性格が強いですが、保険と付くだけあって学資金を積み立てる以上にいろいろなサポートがあります。


まず学資保険を大まかに説明すると、15歳・18歳・22歳などお子さまの進学の節目に満期を設定し、多くの場合は毎月保険料を支払っていきます。支払ったお金が積み立てられ、満期に一括で払戻金として帰ってくるのがその仕組みとなりますが、満期までに一時金を何回かに分けて受け取ることが出来るものが多くあります。


保険と名が付く部分での特徴は、途中で契約者に万が一のことがあったときの払い込み免除や育英学資(前述のケースで毎年育英金が払い込まれる)、医療や災害に対する保障が特約として付加できるところです。ただし、保障部分が厚くなるほど最終的に受け取れる金額の割合は低くなります。


保険会社によって学資保険の契約内容は様々ですので、色々調べて比較してみてください。

子供の保険

簡易保険の学資保険





郵便局で取り扱う簡易保険、子供の学資金を運用するための学資保険もあることはご存知ですか?学資保険は大変多くの保険会社から出ていますので、比較するのも大変です。しかし、学資保険といえば「簡易保険学資保険」に入るのが当たり前、と言う時代もありました。


確かに、簡易保険学資保険学資保険としての要素を幅広く抑えていますので、何も考えずに加入しても損をした!という結果にはならないと思います。医療の保障に関する特約もつけられますし、万が一契約者に大事があったときには払い込みは免除されます。


ところが、今は数々の保険会社がその保険会社なりのメリットを打ち出し、学資保険を売り込んでいる時代となりました。そして、それを調べる側のわれわれは、インターネットを利用して24時間いつでも様々な学資保険についての情報を得ることが出来ます。


そういった中で保障部分は弱いものの返戻率が良く、必ず積み立てた金額以上のお金を受け取れるものや、通販で加入が出来るといったものに徐々に簡易保険学資保険は人気を奪われてしまっているようです。

子供の保険

学資保険を子供のために





学資保険は、子供が生まれたら是非加入を検討したい保険のひとつです。将来の教育資金を積み立てる助けのみならず、学資保険は子供の明日を明るくする灯となります。


学資保険は、子供保険とも呼ばれます。各保険会社によって商品名はまちまちですが、貯蓄と保障の2つの面を持った子供のための保険を総称して学資保険と読んでいるケースが多いようです。


貯蓄とはすなわち学資金の積立を表します。毎月一定の保険料を計画的に払い込んでいくことで、子供の進学でお金が必要になった時にまとまったお金を学資金に当てることができるようになります。貯蓄面においても学資保険保険と呼ばれる所以は、多くの場合契約者に万が一のことがあった場合以後の保険料の払込が免除され、かつ満期に満額の保険金を受け取ることが出来るところにあります。


保障は先にあげた保険料の払い込み免除もそうですが、特約として子供の病気や怪我・災害に対する保障を付与できる部分です。当然その分の保険料は掛け捨てにはなりますが、特約を付与することで総合的に子供の未来を支えてくれる保険となります。


細かい部分では保険会社によってかなり条件が異なりますので、学資保険は子供の将来像を見据えた上でしっかり比較/strong>検討して加入することをお勧めします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。