全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

学資保険の紹介

学資保険の紹介<住友生命編>





学資保険を検討中の方、住友生命のもののご案内などはもうご覧になりましたか?まだの方は、こちらで簡単に紹介したいと思いますので比較検討の参考にしていただけたら有難いです。


学資保険にもいろいろな商品名が付いていますが、住友生命は「スミセイのこどもすくすく保険」と言う商品名で、かわいらしいイメージになっています。契約内容は非常にスタンダードなもので、契約者に万が一のことがあった場合の以後の保険料支払いの免除、養育年金特約の付加による契約者の有事に毎年の養育年金の支払い、日帰り入院から保障が適用される医療保障の特約など、学資保険における保障部分はきちんと備わっています。ポイントを抑えた学資保険といえるでしょう。


ほかの学資保険比較しての住友生命の特徴は、18歳満期や22歳満期の貯蓄型で、払い込み完了期間が選択できるところです。例えば18歳満期で15歳を払い込み完了に設定すれば、当然月々の支払額は高くなりますが、その分払い終えてからは受け取るのを待つばかりとなります。ライフプランに合わせた選択が出来るのがうれしいですね。

学資保険の紹介

アメリカンファミリーの学資保険





アメリカンファミリーの学資保険をご存知ですか?アメリカンファンリーでピンと来なくても、アヒルのCMでおなじみのアフラックといえば分かるのではないでしょうか。アメリカンファンリーの学資保険学資保険の中でも、総じて人気があります。


アメリカンファミリーの学資保険は、アヒルのイメージそのままにかわいらしい雰囲気の「かわいいこどもの保険」と言う商品名になっています。契約内容はいたってシンプルで、祝い金受け取り時期や満期年齢を設定できる会社が多い中、アメリカンファミリーの学資保険は15歳祝い金・18歳満期の1本勝負となっています。その代わりに金額設定が詳細で、18歳満期に受け取る祝金を100万円から800万円まで10万円単位で細かく決められます。


アメリカンファミリーの学資保険は返戻率の高い学資保険ですが、人気の秘密は「信頼性」にポイントがあると思います。アメリカンファミリーは世界的格付会社のスタンダード&プアーズから、「AA」という高評価をされている会社です。混沌の中にある現代社会、一寸先は闇ですから、信用の置けるところにお金を預けたい気持ちは皆さん変わり無いはずです。
格付けに関しては、保険会社格付情報
をご覧ください。


ここでの紹介をご参考に、学資保険比較検討をなさってみてください。

学資保険の紹介

学資保険の紹介<三井住友海上編>





お子様とご自分の人生設計の為に、学資保険の加入をお考えの方も多いと思います。三井住友海上きらめき生命からも、学資保険が発売されています。比較検討に悩まれているお父さんお母さんのために、三井住友海上きらめき生命のものを簡単にご紹介します。


学資保険も数多ありますが、三井住友海上きらめき生命のものは、非常にシンプルでスタンダードな作りと言えます。保険料に関しては満期受取金を基準にした50万円プランと100万円プランがあり、それぞれのプランで進学の節目にお祝金が受け取れます。両プランともに養育年金の契約が付いており、契約者に万が一のことがあったときには以後の保険料免除と共に一定の養育年金が毎年支払われます。また、医療の特約をつけることができますので保障面は充実しています。


学資保険は各社それぞれ特色がある分、決めかねるものです。そんな時三井住友海上きらめき生命のようなシンプルなタイプで、というのも選択のひとつですね。

学資保険の紹介

県民共済の学資保険





県民共済で学資保険に該当する商品はあるのでしょうか?ここでは私の住んでいる千葉県の県民共済を例にとって、学資保険相当の商品を見て行きたいと思います。


千葉県の県民共済では、満18歳までの健康な子供が加入できる「生命共済 こども型」という名称の保険があり、こちらが保障面では学資保険といえるものになっています。こども1型では毎月1000円、2型では2000円の掛け金で日帰り入院からの保証を得ることが出来ます。扶養者の病死に対する共済金の支払いや、お子さんの過失による第三者への損害賠償にも対応しており、幅広い事態を保障する共済になっています。


千葉県の例を見てみましたが、県民共済単独では積立としての学資保険の機能を持たないため、いわゆる貯蓄型の学資保険とセットで加入している人も少なくないようです。学資保険比較の参考になりましたでしょうか?

学資保険の紹介

プルデンシャル生命の学資保険





ライフプランナーがきっちり相談に乗ってくれることで評判の良いプルデンシャル生命には。学資保険は存在するのでしょうか?答えを言うならば、学資保険というカテゴリーのものはないようです。しかし、一定額を積み立てて、満期に一括で受け取ることが出来る保険は存在します。


養老保険が上記にあたる保険で、保険支払い期間が10年・15年・20年などから選べて、満期には支払い金の総額が受け取れます。契約者に万が一のことがあった場合には、死亡保険金として満期までの支払金額と同額が支払われます。災害や医療に関する保障の特約も付与できますので、プルデンシャル生命にこだわりを持つ人ならば学資保険の代わりとしてこちらの保険を利用することが可能です。


一見学資保険がないように見えてもこのように流用できる保険もたくさんあります。比較検討の際には視野を広げて見ることが大事です。

学資保険の紹介

明治安田生命の学資保険





「こどものほけん」。これが明治安田生命の学資保険の商品名です。明治安田生命の学資保険は、どういった内容のものでしょうか?学資保険比較検討をされている方のために、簡単にご紹介したいと思います。


明治安田生命の学資保険は、他のものに比べて突出した特色があるわけではありませんが、シンプルにまとまっていると言えます。18歳・22歳から満期を選ぶことが出来て、進学の節目に教育資金名目で一時金を受け取れます。医療保障と養育年金の特約を付加することもできます。医療保障の特約に関しては、喘息や小児ガンなどの特有の疾病に関してもきっちり保障されているのがポイントです。保険料の払い込み免除に関しては、契約者の死亡か1・2級の障害に適用されます。


はっきりとした特色で訴える学資保険も魅力的ですが、明治安田生命の学資保険のような脇を固めた学資保険も、選びやすくてよいと思います。

学資保険の紹介

学資保険の紹介〈日本生命編〉





学資保険比較検討中のあなたへ。ここでは日本生命のものを紹介したいと思います。学資保険は数多ありますが、日本生命のものはどういった特徴を持っているのでしょうか。


学資保険選びに際しては満期やお子様の契約時年齢が気になるところですが、日本生命のものはお子さまの契約時年齢と満期金受け取りの時期によって、契約内容が4種類に分かれています。その4種類いずれにも育英年金が付いており、契約者に万が一の場合が起こった時には以後の保険金の支払いは免除されますし、毎年育英年金が受け取ることができます。通常の契約でも保障が厚い学資保険であることが日本生命のものの特徴と言えます。


付加できる特約も充実しています。災害・入院・通院に関しての保障をつけることが出来ますので、もしものケースを考える親御さんにはおすすめできるのではないでしょうか?

学資保険の紹介

JA共済の学資保険




JA共済の学資保険はご存知でしょうか?JAとはつまり農協のことですが、この保険部門であるJA共済でも学資保険を取り扱っています。JA共済の学資保険はこども共済と言う名前で、共済と言えども、掛け捨てではないいわゆる「学資保険」になっています。


JA共済の学資保険は、祝い金の受け取り回数が多いことが特徴にあげられます。お子様の死亡時の保障を厚くした「えがお」の入学祝金タイプ(22歳満期、0歳加入)だと3・5・11・14・17、そして満期の22歳にそれぞれ祝金を受け取れる契約内容になります。


JA共済の学資保険は、特約として医療保障や災害に対する給付をつけることが出来ますし、育成年金についても「養育年金付き」を選ぶことでつけることができますので、学資保険として望むポイントはきっちり抑えていると言えます。


以上、JA共済の学資保険を簡単に紹介しましたが、ほかの学資保険との比較のためにはHPなどでさらに詳しく情報を集めることをおすすめします。

学資保険の紹介

東京海上の学資保険





東京海上の学資保険、あなたはご存知でしょうか?非常に多くの会社からでている学資保険ですので、比較の際は東京海上の学資保険も合わせてご覧いただくことをおすすめします。資料をつぶさに見るのが苦痛な人のために、東京海上の学資保険の事をかいつまんでお話いたします。


東京海上の学資保険は5年ごと利差配当付こども保険という言う名で出ており、貯蓄よりは保障に重点が置かれた契約内容になっています。設定した基準祝金を元に進学時の祝金、万が一のときの(災害死亡)保険金支払金額、養育年金額が決められます。特約として医療に関する保障を付与することも出来ます。


最近人気が高い、返戻率が100%を超えるような貯蓄重視の学資保険のような高配当の魅力はありませんが、安心感の高い学資保険であるといえると思います。


もっと詳しく知りたいと思った方は、是非ホームページなどを見てみてください。

学資保険の紹介

フコク生命の学資保険





フコク生命の学資保険、ごぞんじですか?学資保険は様々なタイプのものが現在市場にでており、比較検討も一苦労だと思います。ここではフコク生命の学資保険を、特徴を抽出してお話したいと思います。


フコク生命の学資保険には、兄弟割引と言うものがあります。すでに保険に加入している人の兄弟姉妹が保険に加入する場合、保険料の割引が適用されるものです。また、保険料の払込が18歳までになっていますので、22歳満期でも支払いは18歳時に終わるようになっています。


フコク生命の学資保険は、成長に合わせて祝い金を受け取るステップ型と、大学進学に重点を置いたジャンプ型が選べるようになっています。


上記のようにフコク生命の学資保険ならではの特徴を挙げてみましたが、保険料の払い込み免除・育英年金の付与・医療保障についての特約は備わっており、学資保険としてはツボを抑えたものになっています。

学資保険の紹介

学資保険の紹介:第一生命





お子様の養育・学資金の積立に大きな助けとなる学資保険ですが、ここでは第一生命のものをご紹介したいと思います。比較のときの参考になればと思います。


学資保険はソニー生命のような貯蓄を第一に考えたものや、郵便局やアリコのように保障に重点を置いたものがありますが、第一生命のものは、はっきりとどちらかに分類されるとはいえません。いわゆる貯蓄型と保障型の中間型の学資保険と言えるのが、第一生命のものです。


第一生命の学資保険は、その名も「Mickey」。かわいらしいイメージがおのずから沸いてきます。契約者に万が一のことがあった場合には以後の支払いが免除になりますし、満期までの進学の節目に一時金を受け取る契約内容も選べます。育英年金特約を付加すると、契約者に万が一のことがあった場合毎年育英年金を受けとることが出来ます。子供の将来に転ばぬ先の杖となる保険内容です。


その他には医療関係の特約をつけることも出来ますので「保険」という名のとおり、保障関係は一通り抑えていて、安心感が持てます。


当然ですが学資保険は第一生命のものに限りませんので、比較検討は大変かもしれませんがとことん調べて決めるのが良いと思います。

学資保険の紹介

学資保険の紹介<郵便局編>





子供がうまれたら、かけがえの無い喜びと同時に、生活費の運用を考えなくてはなりません。子供の教育資金の積み立てに強い味方となるのが学資保険ですが、ここでは郵便局のものを紹介したいと思います。学資保険は最近では大変色々な種類がありますが、郵便局のものは昔からあるスタンダードなタイプです。


学資保険では満期についても様々ですが、郵便局のものは15歳満期・18歳満期・22歳満期の3種類から満期を選べるようになっています。18歳満期と22歳満期については生存保険つきのものが選べて、18歳満期では12・15歳、22歳満期では18・20歳時に生存保険金として一時金が受け取れます。それぞれの満期のものに育英学資付きのものも用意されています。満期・保障面・積立資金を使う時期を自分の将来設計に合わせて選べるようになっています。


学資保険で気になるのは返戻率ですが、郵便局のものでは特約無しでも100%は割りますので決して高いとは言えません。ただし、学資保険は万が一の時の保障など総合的な視点で見る必要があるので、それだけでは判断できません。しかし、目だった特徴が無い郵便局の学資保険は、近年では昔ほどの知名度は無くなっているようです。


学資保険は当然ですがここで紹介した郵便局のものだけではありません。十分比較して自分にあったものを探すようにしてください。

学資保険の紹介

SONYで学資保険?





世界のSONY。皆さんも必ず名前は聞いたことがあるでしょう。SONYは、学資保険もやっているなんて聞いたことがありますか?さすがSONYと言いたいところですが、学資保険をやっているのは正確にはソニー生命です。ソニー生命の学資保険はどのようなものかご紹介しましょう。


学資保険には貯蓄性を重視したものと、まさかの際の備えに重点を置いたものの2つに大きく見ると分かれます。SONY、つまりソニー生命の学資保険学資保険の中でも貯蓄性を重視した保険の筆頭にあがるものとなっています。その理由は高い返戻率にあります。スタンダードな「18歳満期T型」というプランで、返戻率が109%近くになります。しかし反面、まさかの時の保障関係はあまり充実していないと言っても良い保険です。


学資保険保険というだけあって保障面にも気を配っていきたいものですが、出来れば積み立てたお金は満額受け取りたいもの。考え方としては貯蓄面に優れた学資保険と、生命保険を組み合わせていくことでも両方がまかなえます。ソニー生命だけでなく、色々調べて比較してみましょう。

学資保険の紹介

STIの学資保険





STIの学資保険はご存知でしょうか?実はSTIの学資保険は厳密に見れば学資保険といってひとくくりには出来ないのですが、現在数多ある学資保険比較検討する上では外せないものです。ここで、簡単にSTIの学資保険の紹介をしたいと思います。


STIの学資保険は、正確には学資積立プランと言い、形式としては完全に資産運用のカテゴリーに入ります。契約者が積み立てたお金をカナダやアメリカの国債に投資して運用します。加入費・運営費以外の積立運用金は保障されていますが、日本の学資保険に通常あるような払込免除や特約は一切ありません。


しかしながら、特約などを別にして考えてもSTIの学資保険にはずば抜けた部分があります。STIの学資保険は0歳児に一気に全額を払うタイプ・5年間契約で支払いをするタイプ・毎月満期まで一定額を払っていくタイプがありますが、毎月払いでも返戻率が230%以上、一括だと400%に迫る返戻率になります。国債の運用なので変動はしますが、他の学資保険と比べても非常に条件の良い学資保険といえます。

学資保険の紹介

学資保険の紹介:簡易保険の場合





将来の子供の教育資金運用のための学資保険ですが、簡易保険というものはご存知でしょうか?簡易保険、というと「?」となってしまうかもしれませんが実は簡易保険とは「かんぽ」、つまりは郵便局で取り扱う保険のことです。学資保険も色々あって比較も一苦労ですが、その助けにここでは簡易保険のものを紹介したいと思います。


簡易保険学資保険では、15歳満期・18歳満期・22歳満期の3種類から満期を選べるようになっています。その中で18歳満期と22歳満期については、生存保険つきのものに加入すると18歳満期では12・15歳、22歳満期では18・20歳時に生存保険金として一時金が受け取れるようになります。満期の一時にまとまった額を受け取るか、進学の節目に必要な額を分割して受け取るか、という選び方になると思います。それぞれの満期のものに育英学資付きのものも用意されています。ちなみに育英学資とは、万が一契約者になにかあった時に以後毎年育英年金が受け取れるというものです。


郵便局の学資保険は、満期までに受け取れる金額の返戻率は高いとはいえません。しかし、医療に関する保障が厚く育英学資なども整っていますので、保障に重きを置く人には良いかもしれません。


学資保険はここで紹介した簡易保険のものだけではありません。十分比較して自分にあったものを探してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。