全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

学資保険の検討

学資保険の解約について





せっかく入った学資保険、できれば途中で解約などせずに満期で満額受け取りたいものです。しかし、人生なにがあるかわかりません。やむなく学資保険を解約する人も多いと聞きます。月々の支払いが厳しいなと感じたとき、学資保険はすっぱりとあきらめ途中で解約したほうが良いのでしょうか?


学資保険を中途解約すれば、払戻金はありますが当然満期のときのようなお金は受け取れません。また、学資保険には、払込免除の契約をしていれば契約者に万が一のことがあったときには以後の支払いは無くなるという利点がありますので、単純に金額の問題だけで考えるわけにはいきません。


契約している会社にもよると思いますが、例えば基本的な契約以外に特約を付けている場合に特約のみを解約したり、最終的に支払う金額の設定を変えたりということも可能なようです。


止むに止まれぬ事情は誰にでもありますが、学資保険は自分にも子供にも大きな助けになってきますので、解約を思い立っても様々なケースを考え、メリット・デメリットの比較はしたほうが良いでしょう。

学資保険の検討

学資保険の満期について





学資保険の満期は、いつに設定したら良いだろう?学資保険の加入を考えたとき、満期の設定も重要なポイントになります。もちろん他にも比較すべき点はいっぱいありますが、色々な会社から出している学資保険は、満期の設定がそれぞれどのようにできるのかはしっかり見ておきたいところです。


満期の時期は、お子様が18歳になった時の18歳満期が一番多いです。最近は大学進学率が高いですから、この時期に蓄えが無いと、稼ぎだけでは追いつきません。学資保険の満期の時期としては一番適当だと言えるでしょう。その他にも学資保険の満期には15歳満期や18歳満期があります。中には、契約した年から数えて10年などの区切りで満期が設定される学資保険もあります。


今は本当に様々な会社から学資保険がでていますので、自分とお子様のライフプランにあった満期の設定ができるものが見つかる確率も高いです。隅々まで調べ、じっくり比較してベストな選択をしましょう。

学資保険の検討

学資保険の見積りについて





学資保険比較検討し、いざ加入となれば次は絞った一社かあるいは数社に見積りを依頼することになると思います。しかし、見積りを1社1社とるのは大変な作業です。そこで有効なのはやはりインターネットでしょう。


まずは学資保険というキーワードで検索をしてみてください。詳細な見積りが載っているページはほとんど無いですが、概算での保険料の紹介や同一保険金額での返戻率や保障の比較を行っているサイトを見つけることが出来るはずです。


保険会社のページでも、学資保険の見積りのシミュレーションが出来るものがありますので、そちらも大いに活用して比較検討が可能です。見積りとは違いますが、数社の学資保険についての資料を一括請求できるサイトもあります。使えるものはなんでも使って学資保険を効率よく選びましょう。


ちなみに、保険会社に直接見積りを依頼するのが金額を知る最も確実な方法であるのは言うまでもありません。サイトに載っている情報は参考であることは忘れずに!

役に立ちそうな参考サイトをご紹介します。


学資保険の検討

学資保険は得なのか?





学資保険の加入を考えたとき、本当に学資保険に入って得をするのだろうかと考えてしまう人もいるでしょう。金利がゼロに等しい現状で元本を割ってしまう学資保険も多いですので、その意見もごもっともです。果たして、学資保険に入って得をした!ということは言えるのでしょうか?


金銭的に考えて、学資/保険に入って得をした!と言えるのは例えばSTIの学資保険などでしょうか?毎月払いで保険料を納めても、返戻率は200%を超えます。しかし、こちらの保険は育英年金や万が一の際の払い込み免除が一切ありませんから、有事の際には得をした!という状況ではなくなってしまうこともあります。結局積み立ててきた金額以上に保険料が支払われるのは返戻率の100%超過分以外ではなにか良くないことが起こった場合ですから、実際お金を得たとしても得をした!とはあまり感じないのでは無いか、と思います。


学資保険に入って得をした、と言うことは安心感に尽きるのではないかと私は思います。お父さんお母さんはもちろん何かあっては困りますが、なにかあっても大丈夫と言う安心を学資保険により得られたなら、がんばって仕事・教育・育児に励めると言うものです。単純な金銭だけでは比較できないことだと思います。


非常に抽象的ではありますが、私は学資保険に入って得をするかはわかりませんが、最終的には気持ちの上で得をしたと思えるのではないかと考えています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。