全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

学資保険の検討

学資保険の控除について

学資保険は、年末調整・確定申告時の保険料控除の対象になります。今回はそのあたりについてご説明しましょう。


所得税や住民税においては、生命保険料・個人年金保険料を支払った場合に一定の額の所得控除を受けることができる仕組みがあります。学資保険においても同じ措置があり、これを生命保険料控除といいます。ざっくりと説明すると、支払額に応じて控除額も変動し、所得税で5万円・住民税で3万5千円を上限に控除される形になります。


注意しなければならないのは、当然のことながら申告をしなければ控除は受けられないと言うことです。年末調整の際には、通常の生命保険だけでなく学資保険に関しても申告をするようにしましょう。それで初めて控除が受けられるようになります。比較的分類が難しいところですが、学資保険も生命保険の一種だと認識していれば、申告忘れもないでしょう。

学資保険の検討

学資保険、最終的にはいくら受け取れるの?





お子様の将来の養育資金を考え、加入を検討するのが学資保険ですが、そこで気になるのが果たして掛け金に対していくら戻ってくるのかという点ではないでしょうか?その指標になるのが返戻率と言う数字です。


返戻率とは、積み立てた総額に対して満期までに受け取る金額がいくら多いかを割合であらわしたもので、例えば満期までに400万円を総額で支払い、満期までに受け取った金額が440万だったとすると返戻率は110%になります。


返戻率の高い学資保険としてはソニー生命やアフラックのものがあり、総じて人気の高い学資保険となっています。


ここで忘れてはいけないのが、学資保険は積立と保険の両側面を持つことです。返戻率の良い学資保険に入り、いくら満期の金額に思いを馳せたとしても、自分に万が一のことがあったときの保障がしっかりしていなければ明るい子供の未来に影が差してしまいます。


返戻率が低い代わりに保障がしっかりしている学資保険もたくさんあります。いくらもらえる?だけでなく、保障の面もしっかり見て比較検討するようにしましょう。

学資保険の検討

おすすめの学資保険ってあるの?





「おすすめの学資保険ってある?教えてよ」なんて皆に聞いて回りたくなるのが、子供が生まれて学資保険の加入を検討しようと思ったらあまりにもたくさんの会社のものがありすぎて困ってしまった時。


でも、おすすめの学資保険と漠然と問われても、聞かれたほうも答えづらいはずです。みんなそれぞれのライフプランを前提に学資保険比較検討も加入もしていますから、Aさんにおすすめの学資保険がBさんにもお勧めであるとは言えないのです。


学資保険を大まかに分類すると、医療に関する保障などはほとんど無い代わりに最終的に受け取る金額が多くなる(返戻率が高い)貯蓄型の学資保険と、医療や災害保障の特約が厚かったり、契約者に万が一のことがあったときのサポートがしっかりしていたりする保障型の学資保険に分かれます。


仮におすすめの学資保険を聞く場合でも、貯蓄型と保障型どちらかに絞って尋ねたら、相手も答えやすいかも知れませんね。

学資保険の検討

学資保険と共済





学資保険で、「共済」のものといったらご存知ですか。それほど聞きなれないのではないでしょうか。JA共済には学資保険の仕組みを踏襲するこども共済というものがありますが、COOP共済や県民共済などでは学資保険の体裁を取っている保険商品はありません。しかし、学資保険比較検討の際には共済の保険も見ておいたほうが良いのです。


生協や県民共済では、18歳未満のこどもを対象にした医療関係の共済が存在します。掛け金は非常に安く、JA共済や千葉県民共済の例では月々1000円と2000円の2タイプがあります。これだけでは学資保険の定義の片方しか持っていないことになりますが、ここからが重要です。


学資保険の積立的性格をクローズアップして返戻率を重視したものでは、医療保障の特約を付加しようにも、元々用意されて無い場合があります。そこで共済の登場です。共済のこども対象の医療保険と返戻率重視の学資保険を組み合わせることで、脇を固めた非常にバランスの良い学資保険が生まれます。


学資保険の加入にあたっては、上記のように組み合わせて比較検討することで選択肢が広がりますので、是非試してください。

学資保険の検討

学資保険の名義変更





学資保険に加入している間に、名義変更をするケースが出てくる場合があります。一番多いケースが離婚をされた場合ではないでしょうか。


もしも離婚をされた場合に契約者ではない方の親御さんが学資保険の対象であるお子様を引き取られた場合は、特に名義変更が重要になってきます。学資保険は子供のための保険だという前提はありますが、その実中身は契約者も満期金の受け取り主も契約者である親になります。
ここで問題となるのが例えば父親が学資保険の契約者で、母親が離婚時に子供を引き取った場合です。このままの状態ですと学資保険の満期に支払われるお金は父親の方に行きます。財産分与と言う形でも、形式上は半分になってしまう可能性があるのです。こういったケースの場合は、学資保険はきっちり名義変更して満期に備える必要があります。


郵便局の学資保険などでは、窓口で比較的簡単に名義変更できるようです。まさかの時に備えて、こういったことも知っておいた方が良いでしょう。

学資保険の検討

郵便局の学資保険:配当金について





郵便局の学資保険は、昔からあるスタンダードなものです。その説明などを見たとき、契約者配当金と言う言葉が目に留まるのではないでしょうか。


郵便局の学資保険に限らず、契約者配当金は多くの保険会社に存在します。郵便局の学資保険に付いているもので説明するならば、契約して1年たった後から郵便局に利益の余剰があった場合発生する配当金が積み立てられ、契約の終了時等にそれを受け取ることが出来ます。また、契約終了時でない時に受け取れるケースもあります。


この配当金は郵便局が目論見た利益よりも多く利益が出た場合に発生するものなので、この部分に関しては学資保険の比較検討の際に皮算用するのは危険です。学資保険の比較サイトなどにおいても基本的に返戻率などに契約者配当金は考慮されていません。


もし郵便局の学資保険に加入したい人は、配当金についても簡易保険の窓口に問い合わせてはいかがでしょうか?

学資保険の検討

学資保険と所得税について





学資保険と所得税についてお話をしたいと思います。学資保険の満期金を受け取るのは、自分が積み立てたものとはいえ喜びもひとしおでしょう。しかし、その学資保険の満期金には所得税がかかることをご存知でしょうか?


満期金に限らず、進学の節目に受け取る一時金に関しても、すべて所得税の対象になります。具体的に言うと一時所得の区分です。


しかし、学資保険の満期金を受け取ったすべてのケースで所得税を納める必要があるわけではありません。実は、受け取った保険金の総額が支払った保険金の総額よりも50万円以上多くない場合には、確定申告の必要が無く、所得税はかからないのです。


一点注意が必要なのは、同年中に他に生命保険を受け取ったりしている場合は、合算した金額に対して所得税がかかると言うことです。


税金に関しても考えに入れつつ学資保険比較検討を行いましょう。

学資保険の検討

学資保険の加入にあたって





学資保険の加入にあたっては、皆さん念入りな比較検討をして臨まれるのではないかと思います。しかし、あまりの学資保険の種類の多さに目が回ってしまっている人もいらっしゃることでしょう。
ここで、私なりの学資保険加入に当たってのポイントを書きたいと思います。


抑えるべきポイントは、学資保険に投資としてのリターンを期待するのか、保障としての安心感を期待するのかを明確にすることがまず挙げられます。学資保険というカテゴリーには貯蓄に重点を置いたものから貯蓄性が無く保障オンリーのものまで広く入ってきますから、重要視するポイントを基準にしてふるいにかけていかないと迷いに迷ってしまうでしょう。


次に、満期金や祝い金の受け取り時期も重要です。いつ満期の金額を受け取るのか、進学の節目にも一時金を受け取りたいのか、将来設計を明確にした上でそれにあったプランを選ぶのが良いでしょう。


非常にざっくりと書きましたが、これが私なりに考える学資保険加入に当たってのポイントです。比較検討の助けになればありがたいと思います。

学資保険の検討

学資保険と離婚について





学資保険に加入しているお母さん、考えたくはないでしょうが離婚され場合にお金の受け取りはどうなるか気がかりなところではないでしょうか?


学資保険は原則契約者=受取者ですので、旦那さんの名前で契約をしている場合は、受取金はすべて旦那さんの元に一回入る形になります。そうなったときにはそのお金は夫婦共有財産となりますので学資保険の満期金は、離婚した場合もし仮にお母さんが子供を引き取るというケースでも、半分しか受け取れないという事態になります。


こういった状況を避けるためには満期前に離婚協議書に子供が全額受け取る旨を書き、学資保険の満期の受取金を子供の財産とする処理が必要になります。子供が多額の所得を得ると色々不利な面もあります。2つのケースを比較して、最終的に有利な方を選ぶ形になるでしょう。

学資保険の検討

学資保険の満期払戻金と確定申告





学資保険保険金を満期まできっちり納めたら、うれしい満期払戻金が払い込まれます。ここで注意したいのが確定申告について。サラリーマンにはそれほど縁のない言葉だと思いますが、実は学資保険の満期金をもらった場合、確定申告が必要になるケースもあるのです。


学資保険の祝い金や満期金と言ったお金は一時所得にあたりますので、基本的には税金が発生します。ですから満期でお金を受け取ったときには、受け取ったその年に確定申告をして税金を納める義務が生じます。


しかし、税金が発生するのは噛み砕いて言うと支払ったお金の全額よりも受け取ったお金の総額が50万円以上多い場合です。進学の節目に受け取る祝い金などの名目のお金も受け取ったお金に計上して計算します。


学資保険の比較を行うにあたっては、上記のようなケースも考慮しながらやるのがよいでしょう。

学資保険の検討

学資保険と貸付について





学資保険の契約者貸付という制度はご存知でしょうか?これはあくまでも契約している保険会社により違いますので、ここで説明する事項についてはご自分が契約されているか、検討されているものに当てはまるかはきちんとご確認下さい。


学資保険の契約者貸付とは、学資保険を契約している人に対し保険料払い込み総額の一定の割合でお金を貸し付けてくれる仕組みのことです。当然その貸付金については利子がつきます。


お金を借りるくらいなら解約か、もしくは加入自体しない方がいいんじゃないの?という考え方も出来ますが、万が一のときの保障がひとつの目的である学資保険は、加入している方がメリットは大きいと思います。


学資保険の選定にあたっては、契約者貸付の有無に関しても比較するポイントとしておさえておいて損はないと思います。

学資保険の検討

育英年金付きの学資保険とは





育英年金付き・養育年金付きといった学資保険の種類が、保険の資料やホームページに載っているのを見たことがあるのではないかと思います。保険会社によって、すべての契約内容で育英年金の付いている学資保険や、どの契約内容に対しても一切育英年金の付けられない学資保険などもあります。


育英年金とは、学資保険の契約者が死亡、または重い後遺障害に陥ったときなどに保険金が支払われる仕組みで、毎年例えば設定した保険料の何パーセントといった基準によりお金が支払われ、以後の保険金払い込みも免除されます。貯蓄に重きを置いた学資保険では育英年金付きの学資保険が無い会社も多いですが、単独の生命保険契約と組み合わせて充足する人もいるようです。


育英年金を受け取ることになった場合、注意点がひとつあります。育英年は所得とされますので、受け取りがお子さん名義だった場合扶養から外れてしまう可能性があるのです。学資保険比較検討の際にはそのあたりの考慮も欠かせません。

学資保険の検討

郵政公社の学資保険





郵政公社が出している学資保険についてここではお話したいと思います。郵政公社、つまり郵便局で取り扱う学資保険は簡保の学資保険となります。郵政公社以前から郵便局の学資保険は大変スタンダードなものとして加入者が多かった保険です。この学資保険、どういった特徴があるのでしょうか?


郵政公社で取り扱う学資保険では満期については、いくつかのお子様が進学する節目に合わせての選べるようになっています。15歳満期・18歳満期・22歳満期の3種類から満期を選べるようになっていて、18歳満期と22歳満期については生存保険つきのものが選べます。それぞれの満期のものに育英学資付きのものも用意されています。最終的にお金を受け取る時期、節目にお金を受け取る時期について比較的自由度が高くなっています。


郵政公社の学資保険では医療に関する特約をつけることもできるので、万が一のことを心配する方にはおすすめできる学資保険とも言えます。

学資保険の検討

人気のある学資保険





子供の将来設計を考えるにあたり、人気のある学資保険を調べたいときはどうしたらよいでしょう?パソコンをお持ちの方なら、「人気 学資保険」などというキーワードで検索すると学資保険の紹介をするサイトがたくさん出てきますので、比較検討が容易に出来るはずです。


しかしながら、人気のある学資保険と一概に言っても、それぞれに特徴のあるものですので目的を明確にしなければなかなか絞り込んだ比較が出来ません。ここでは大まかに目的を分けた上で、人気の高い学資保険を紹介したいと思います。


第一に、貯蓄型の保険の紹介をしましょう。貯蓄型で人気の高い学資保険が、ソニー生命の学資保険です。返戻率が110%を越える内容の契約もあります。貯蓄型の学資保険の最もポピュラーなものと言えるでしょう。アヒルのCMでおなじみのアフラックも、人気のある学資保険です。人気の秘密は世界的格付会社のスタンダード&プアーズから、「AA」という最上級の評価をされていることです。もちろん、返戻率は100%以上です。選択肢に入れておきたい学資保険です。


次に紹介するのが、保障型の学資保険です。保障型のものではアリコジャパンのこども保険が人気のある学資保険です。返戻率はけっして高いとはいえませんが、子供の医療保障など、充実した特約は見逃せません。子供が事故にあわずにすごせたら、無事故ボーナスがでるところも要チェックです。まさかのときの備えをしておきたい人に人気の学資保険です。


こちらで紹介したのは、あくまでも「人気が高い」学資保険ですので、あなたにベストであるかどうかはあなた自身しかわかりません。比較検討は必ずすることをお勧めします。

学資保険の検討

学資保険の資料請求





お子さんが生まれ、将来を思い描いたとき加入を考えるようになるのが学資保険。できれば口コミやHPの流し読みでなく、資料請求をしてきっちり内容を比較検討したいものです。


最近は1世帯に1台はパソコンを持っている時代ですから、インターネット環境さえあれば、いちいち保険会社に出向かなくてもある程度の情報は集まってしまうものです。さらにネットの良いところは、各保険会社のHPから、24時間いつでも学資保険の資料の請求が出来るところです。届いた資料を読み込んで、お子様の将来設計に合った最適な学資保険をさがしましょう。


学資保険の紹介が載っているサイトの中には、数社の資料を一括で請求できるものがあります。こういったサイトを利用すれば、学資保険の資料請求の手間が一気に少なくなります。ネットを賢く使って、効率良く学資保険選びをしましょう。

学資保険の検討

学資保険のおすすめは・・・





インターネットを検索すると、「学資保険のおすすめ」などというタイトルで様々な学資保険の紹介をするサイトを見ることが出来、比較検討が容易に出来るような時代になりました。サイトによって学資保険のおすすめとして紹介されている会社はまちまちですが、学資保険の中で総じておすすめ度の高いものを2,3紹介したいと思います。


まず第一に、ソニー生命の学資保険がおすすめできます。高い返戻率を誇るソニー生命の学資保険、返戻率が110%を越える内容の契約もあります。貯蓄型の学資保険の最もポピュラーなものと言えるでしょう。加入の際にプランナーが一緒に最適なプランを考えてくれるのも評価が高いです。


次に、皆さんも一度は見たことがあるでしょうアヒルのCMでおなじみのアフラック。こちらの学資保険もおすすめです。この学資保険の名前は、「かわいいこどもの保険」です。人気の秘密は世界的格付会社のスタンダード&プアーズから、「AA」という最上級の評価をされていること。学資保険比較の上で信頼性は大きなポイントです。医療保障の特約はありませんが、返戻率は100%以上ですし、インターネット通販もできます。選択肢にぜひ入れたい学資保険です。


最後に紹介するのがアリコジャパンのこども保険です。返戻率はけっして高いとはいえませんが、子供の医療保障など、充実した特約は見逃せません。子供が事故にあわずにすごせたら、無事故ボーナスがでるところも要チェックです。特約を厚くしたい人にはおすすめの学資保険です。


こうしておすすめを少しだけ挙げてみても、各社の契約内容の違いに戸惑ってしまいます。それdも、とことん探してとことん比較すれば、どこかにきっとあなたに一番の学資保険があるはずです。将来設計のために、きちんと調べて選ぶ時間をつくりましょう。

学資保険の検討

確定申告と学資保険について





サラリーマンの方にはあまりなじみが無いかもしれない確定申告ですが、学資保険の祝金などの一時金や、満期で支払われるお金を受け取ったときにはどうでしょうか?確定申告と学資保険の関係については、将来のために是非知っておきましょう。


確定申告が必要となるのは、学資保険で一時金や満期金の受取があった年です。これらの受取金は、一時所得に区分されるからです。しかし、これらの受取金があった時に必ず税金が発生するわけではありません。所得税を払う必要が生じるのは、受け取った金額が今までに支払った金額よりも50万円以上多い場合になりますので、実は多くの場合は確定申告をする必要のないケースになります。


しかし、もう一点注意が必要なことがあります。一時所得の金額は他に所得のあった場合もまとめて計上されるということです。つまり、例えば同時期に学資保険と別に保険金を受け取っていた場合などは、確定申告の必要が生じたりもします。


確定申告が必ず必要なほど学資保険の返戻率が高ければ、比較検討の際もさほど迷わないと思うのですが、なかなかそうも行かない世の中です。

学資保険の検討

学資保険の口コミ情報





お子様が大きくなる未来を見据えて、学資保険の加入を考え始め、比較のために口コミや人気ランキングや各保険会社のHPを覗いている人も多いことでしょう。各社のHPはもちろん有効な情報になりますし、人気ランキングも大概リンクが貼ってあって正確な情報にたどり着くことが可能です。ここで問題なのが学資保険に関して、口コミの信憑性はどうなのかということです。


単に口コミと書くと区分があいまいですが、例えばインターネット上の掲示板に寄せられた情報や、個人のブログで主観をもって書かれているものが口コミだとしましょう。ブログも掲示板も基本的には匿名です。間違ったことを書いても責任に問われることもありません。そういう点ではある口コミがその学資保険を正しく伝えているかいないかは、結局読み手の判断にゆだねられてしまうのです。


しかし、口コミでこそ知りうる情報と言うものもあります。パンフレットやHPに載らない細かい点を実際に学資保険に加入した人が書いてくれたり、保険会社側からは当然発信されないデメリットや悪い部分も口コミによって知ることが出来たりする可能性はあります。


もしも、学資保険についての口コミで、有益そうだけど信用してよいものか、というものがあったら、同じキーワードでさらに検索をかけてみましょう。同一のカテゴリーで情報が集まってくれば、自ら正とする情報が絞り込まれると思います。

学資保険の検討

学資保険の紹介:JA編





お子さんが生まれたら、学資保険を考える時期ですね。JA、つまり農協にも学資保険があるのをご存知ですか?JA共済にはこども共済と言う学資保険が存在します。学資保険も様々ではありますが、JAのものはどういった内容なのでしょうか?


JAのこども共済には、スタンダードなタイプの「にじ」と、お子さまが亡くなった際の保険金が高額になっている「えがお」があります。


JAのこども共済は、祝金の受け取り回数が多いことが特徴です。例えば「えがお」の入学祝金タイプ(22歳満期、0歳加入)だと3・5・11・14・17歳にそれぞれ一時金が、そして満期の22歳に満期の祝金を受け取ることが出来ます。


学資保険では医療保障などが気になるところですが、JAのこども共済はその点が充実していて、安心感が高いものになっています。一般に育英年金と呼ばれる万が一の際の保障も、「養育年金付き」を選ぶことでつけることができます。


学資保険ならJAで!!とは言いませんが、比較の際に選択肢の一つに考えてはいかがですか?

学資保険の検討

子供保険・学資保険について





子供保険学資保険と呼ばれる保険は、お子さんが生まれたときには将来を考えて知っておいたほうが良い保険の最たるものです。子供保険学資保険、またはこどもの保険など保険会社によって呼び方は違いますが、こどもが将来進学したときの教育資金を積み立てておくことが大きな目的の保険です。一般的には学資保険と呼ばれていることが多いようですが、基本的な部分は変わりません。


計画性が無いから強制的にお金を貯めるシステムが無いと駄目・・なんて人にはもちろんお勧めですが、貯蓄の面だけでないメリットが学資保険・子供保険にはあります。


ひとつは契約者(親御さん)に万が一のことがあったときに、以後の保険料の支払いが免除される特約が多くの場合そなわっていることです。また、育成年金付きの子供保険学資保険に入れば、万が一のことがあった時には育成年金が毎月支払われるようになります。万が一の場合などあまり考えたくはありませんが、子供のためには転ばぬ先の杖を用意することも必要です。その他、医療保険の特約など会社によって様々な特約があります。


子供保険学資保険は会社によって契約内容が多種多様で、いざ加入しようかと言う直前で調べ始めては収拾がつかなくなると思います。早めに情報を集めて、徹底的に比較検討しましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。