全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

学資保険の比較

子供の学資保険、どうする??





あなたが親になったとき、きっと悩むであろうことのひとつが、子供の学資保険をどうするかだと思います。子供と言うのは成長とともにかかるお金が多くなりますから、自分の収入と違ったリズムでお金が必要になってきたりするものです。そんな時学資保険は転ばぬ先の杖として、大いにあなたを助けます。


では、いざ子供の将来のために学資保険に加入しておこうと思い立ったら、今度はどれを選ぶかの決断に迫られます。インターネット、口コミ、雑誌・・・・  最近は情報が集めやすい分、比較しようにも比較しきれない程、学資保険のデータが飛び込んできてしまいます。どの学資保険にするかを決めるまでにも一苦労です。


大変かも知れませんが、子供の一生を決めることにもなる学資保険ですので、きっちり比較して最善の選択をすることは忘れてはいけません。

学資保険の比較

学資保険の比較:学資保険の人気ランキング





お子様ができ、将来の生活や学業資金を考えたとき、学資保険の加入を考える人が多いでしょう。比較のために人気ランキングや各保険会社のHPを覗いている場合がほとんどだと思います。各社のHPはもちろん、人気ランキングも大変有益な情報であることは間違いないでしょう。しかし、果たして学資保険の決定を人気ランキングだけを頼りに行ってよいものでしょうか?


HP上で学資保険の人気ランキングを載せているところは数多ありますが、その信憑性はすべてのものが高いとは決して言えません。穿った見方をしてしまえば、保険会社が架空の人物のHPを作り、自分の会社をランキング上位に持ってくることだって可能なのです。


しかし、学資保険の人気ランキングが載っているHPから口コミなど、資料や保険会社のHPの記載だけでは分からない細かいところの情報を得ることも可能です。


もしも、学資保険についての情報で、有益そうだけど信用してよいものか、というものがあったら、同じキーワードでさらに検索をかけてみましょう。内容にブレが無かったり、かなりの量の同意見があったりすれば信憑性が高いと判断できます。適正な情報での学資保険比較を出来るよう、十分調べるようにしましょう。

学資保険の比較

学資保険はどこがいい?





学資保険はどこがいい?」。学資保険についてあれこれ調べていると、ついついこう言いたくなってしまいます。しかし、たくさん悩んで一生懸命比較して学資保険を決めた人ほど、どこがいいという質問にはなかなか答えづらいのではないでしょうか。


そもそも、どの学資保険を良いと感じるかは、その人が学資保険をどういうものと認識しているか、あるいはどこに加入する価値を置いているのかで変わります。


貯蓄性を重視し、積立したお金にプラスアルファがついて戻ってくることを価値と考えるのであれば、その人は貯蓄型の学資保険に魅力を感じるはずです。逆に、学資保険に転ばぬ先の杖としての価値を求めているならば保障が厚く特約が充実しているものを良しとするでしょう。


また、学資保険は一生を左右するものなので、他人の主観的な判断でそれを決めてしまうことはお互いに危険なのではないでしょうか?


学資保険はどこがいい?」。こんな質問は聞く側も答える側も「参考・主観」という言葉を忘れないようにしましょう。

学資保険の比較

比較してみよう学資保険





加入の際、比較検討に非常に苦労するのが学資保険。かなり多くの保険会社から商品が出ており、その上各保険会社でプランも様々です。ここで比較のポイントを私なりにまとめたものを書きますので、学資保険選びの参考にしてみてください。


比較にあたっては、まず自分が学資保険に何を望むかを明確にする必要があります。ひとつのポイントは貯蓄面です。掛け金の合計に対して払い戻しを出来るだけ多くしたいという目的が第一であるなら、返戻率にポイントを絞って選ぶことが出来ます。もうひとつのポイントは保険としての保障部分で、入院や災害・あるいは契約者の有事に保障が厚いものが選びたいと考えるのであれば保障内容を基準に選んでいくことが出来ます。


あとはご自分とお子さんの将来設計に合わせて、祝い金をいつ受け取るか・満期をいつに設定するかを考えながら選んでいきましょう。ここで大事なのは、満期まで保険金を払い続けられるものをしっかり選ぶと言うことです。せっかく返戻率の良い保険を選んだとしても、途中解約ではお金は全部受け取ることはできません。

以上、私見での比較ポイントですが、学資保険選びに役に立てばうれしいです。

学資保険の比較

学資保険の比較のポイント





子供の進学に備えて、種々の学資保険比較して頭を悩ませている親御さんは多いことでしょう。というわけで、ここで学資保険比較のポイントを整理してみましょう。


まずは、なんといっても月額保険料。収入に合わせた無理の無い支払いができるものを選びましょう。次に、満期の年齢・受け取り金額、祝い金の有無・受け取り時期・受け取り金額も重要です。こちらは会社によって本当に様々ですので、自分と子供のライフプランをしっかり加味して選ぶことが重要です。そのほかには、医療特約などの特約の有無と、育成年金もポイントです。いざというときの保障は本当に頼りになります。


ざくっと書いてきましたが、学資保険比較のポイントを私的な見解で言うと、「月々の支払い・受け取りの時期とその額・万が一の時の保障」の3点に絞られるのではないかと思います。

学資保険の比較

学資保険の選び方





学資保険の選び方って、なにかポイントでもあるのでしょうか?はっきりいって最近、学資保険を取り扱う会社が大変多いので、返戻率や特約があまりにも多様になっています.選び方どころではありません。それでも、学資保険の選び方について述べるとするならば、私は「ライフプランに沿ったものを選べ」と言います。


学資保険がここまで多く、比較しきれないくらいになった今では、カタログをとりあえず並べてさあどれだ!というやり方ではもっとあるはずの大事な選択肢を見落としかねません。ですから、まず自分と子供の将来を現実的に想定し、必要なものの必要な時機を抽出してからそれに沿った学資保険をチョイスし、比較するのです。1種類に絞るのではなくある学資保険で足りない特約を別の保険で補う、と言った考え方も忘れないようにしたいです。


私の考える学資保険の選び方は、いかがでしょうか?いずれにせよ、後悔だけはしないようにしたいですね。

学資保険の比較

学資保険のランキング





最近はインターネットが普及したおかげで、学資保険を選ぶ際にもランキングやお勧めが一発で検索できて、的を絞った形で比較検討が出来るようになっています。ここではインターネットでの学資保険のランキングの上位に良くあるものを見繕って簡単に説明したいと思います。


まずはアヒルのCMでおなじみのアフラックの「かわいいこどもの保険」。世界的格付会社のスタンダード&プアーズから、「AA」という最上級の評価をされている会社ですので、安心感は抜群です。学資保険比較の上ではかなりのプラス材料です。医療保障の特約はありませんが、返戻率は100%以上ですし、インターネット通販もできます。ランキング上位の常連なのもうなずけます。


次に、ソニー生命の学資保険も人気の高いもののひとつです。こちらは高い返戻率が魅力。節目と18歳満期にお金を受け取る「18歳満期T型」で返戻率が108.9%と、かなり高い数字になっています。加入の際にプランナーが一緒に最適なプランを考えてくれるのも評価が高いです。


最後に紹介するのがアリコジャパンのこども保険です。返戻率は高くありませんが、特約として子供の医療保障が厚くなっています。また、子供が事故にあわずにすごせたら、無事故ボーナスがでます。


こうして3社を挙げただけでも一長一短で一概には選べないと思います。学資保険は一生ものですから、ランキングはひとつの材料ととらえ、徹底的に比較して決めましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。