全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

郵便局の学資保険

郵便局の学資保険:入院時の保障について





郵便局の学資保険はスタンダードなものとして比較的安定した人気を得ていますが、入院時の保障などはどうなっているのでしょうか?すこし詳しく紹介したいと思います。


郵便局の学資保険において被保険者の入院時に一定金額が保障されるのは、入院に関する特約を付けた場合のみとなります。入院に関する特約は3種類あり、ケガなどの障害による入院を保障する「障害入院特約」と疾病による入院を保障する「疾病入院特約」、そしてその両方を保障する「疾病障害入院特約」があります。


もしも学資保険加入の際に保障面を重視して比較検討するのなら、郵便局の学資保険の入院に関する保障の充実ぶりは魅力的ではないでしょうか。しかし、保障内容が今加入されている保険などとかぶってしまったりしては掛け損になってしまいますので、そういった点はきっちり注意しましょう。

郵便局の学資保険

郵便局の学資保険:一時金について





郵便局の学資保険には、生存保険金という名目の一時金が、進学の節目に受け取れるタイプが存在します。郵便局に限らず学資保険では、一時金とはいってもそのお金は満期まで積みたてられるであろうお金の一部です。つまり大雑把に言うと学資保険で積み立てしたお金の受け取り方が一括か分割か、ということなのです。


それでも進学の節目は何かと入用ですから、この形式の学資保険は親御さんに非常に助けになります。郵便局の学資保険の場合、一時金である生存保険金は22歳満期のタイプでは18歳と20歳、18歳満期のタイプでは12歳と15歳の時に受け取ることができます。


郵便局以外の学資保険を含めて比較すると一時金の受け取り時期は非常に幅が広がります。進学の節目のものもあれば、5年・10年と契約年数で区切るものもあります。色々調べてみると良いでしょう.

郵便局の学資保険

郵便局の学資保険(保険料について)





郵便局の学資保険保険料についてお話したいと思います。ここでは郵便局の学資保険についての細かい保険料は書きません。そのかわりに、郵便局のホームページに行くことをお勧めします。郵便局のホームページでは、学資保険に関して月学保険料や満期受け取りの保険料をベースにして細かく支払いのシミュレーションをすることができます。他の学資保険との比較の為にも、是非一度覗いてみてください。


さて、郵便局の学資保険では納めた保険料全額が満期に戻ってくるケースは無いと言って良いでしょう。医療の特約や育英年金をつければ掛け捨て部分が多くなりさらに受取額は減ります。
貯蓄の意味合いの強い学資保険ではありますが、郵便局の学資保険では保険料の中の「保険」部分の性格が強いと考えられるでしょう。


郵便局の学資保険では、契約者に万が一のことが会った場合には以後の保険料の払込みが免除されます。支払った額と受取額の差額は、その部分での「安心」を買ったのだと考えればそれほど悪い条件ではないような気がします。

郵便局の学資保険

日本郵政公社の学資保険





郵政民営化に伴い、郵政省は日本郵政公社として生まれ変わりました。そこで1点気になるのが学資保険。郵便・郵便貯金・簡易保険の事業は郵便局から日本郵政公社に譲渡され、それに伴い郵政省が取扱っていた学資保険も取り扱いが変わっています。名前が変わっただけに感じられますが、見過ごすことの出来ない部分もあります。


郵政省が取り扱っていた時代には郵便局の学資保険は非常に一般的なもので、決まりごとのように皆さんが郵便局の学資保険に加入している状態でした。しかし、民間の保険会社が魅力のある学資保険を発売し始めると、郵便局の学資保険の加入者は減少してきました。この状況にさらに追い討ちをかけることになったのが他でもない郵政民営化で、バックが国から日本郵政公社になることで学資保険にたいする安心感も損なわれてしまっているようです。


上記のような状況はありますが、学資保険比較検討の際には依然郵便局のものが選択肢にあがってくることが多いです。全国各地に窓口がある利便性も捨てがたいものですので、日本郵政公社の学資保険もチェックをしておいて損はないでしょう。

郵便局の学資保険

郵便局の学資保険:払込の免除について





郵便局の学資保険に加入を検討されている方も、昔程ではないにせよ依然多いのではないでしょうか?さて、郵便局の学資保険は契約者が死亡したり、重篤な状態に陥ったりしたときには以後の保険料の払込が免除になる契約になっています。この契約内容の安心感が学資保険の強みでもあるのですが、郵便局の学資保険においては払込が免除されないケースもありますので注意が必要です。


例えば、加入後1年未満に契約者が亡くなったなどの場合には、保険金の支払いは免除とはなりません。また、物騒な話ですが故意に契約者を殺害するなど、いわゆる保険金殺害に当たるようなケースには、当然免除は適用されません。


当たり前と言えば当たり前な条件ですが、契約前にこういったことはきっちり確認しておきましょう。また、各保険会社で保険料の支払い免除に関する項目もきっちり比較しましょう。

郵便局の学資保険

郵便局の学資保険:貸付について





郵便局の学資保険は、加入者に貸付は可能なのか?と言うことについてお話したいと思います。


郵便局の学資保険は、すなわち簡易保険の契約の中のひとつとなります。簡易保険では一部の契約内容を除き、解約時の還付金額の一定範囲内で貸付を受けることが可能です。すなわち、郵便局の学資保険に加入していれば、貸付を受けることが出来るわけです。


郵便局の学資保険で考えれば、満期の受取金から前借して、そこに利子が付く状態と言えるでしょうか?


一時的にお金が必要となったときには助かるサービスですが、恒常的にお金が必要な場合ですと、学資保険の契約自体を考え直さなければいけないかもしれません。借りるのは比較的簡単ですが、借りる前に色々なケースをシミュレーションすることをおすすめします。

郵便局の学資保険

郵便局の学資保険:100万円預けたら?





郵便局の学資保険は、一昔前は学資保険といえばこれ!というぐらいにスタンダードなものでした。ここでは貯蓄部分に着眼して、100万円を積み立てたら最終的にいくら還って来るのかをお話して、皆さんの参考にしていただきたいと思います。現在はソニー生命やアフラックなど魅力の高い学資保険比較されてしまうので契約者は減少しているようですが、昔からあるものとして郵便局の学資保険は知名度はまだ高いものです。では、実際に100万に支払いでの受け取りを見てみましょう。


ここでは実際にかんぽのホームページからシミュレーションできる数字を載せています。当然条件によって違いますので、この情報は参考として必ずご自分で確認をお願いいたします。


さて、郵便局の学資保険で支払い金額が合計100万円になるように設定し、18歳満期、12歳・15歳で一時金を受け取り、特約は無い状態のもので契約したとします。こちらですと月々の支払いは4626円前後になります。こちらの条件でシミュレーションすると12歳・15歳の時に9万円、満期で72万の受け取りになり、合計の受け取り金額は90万円になるという結果が出ました。
同内容で医療・災害の特約を付けると80万円程度になると言う結果が出ます。


この返戻率を高いと見るか低いと見るかは、契約者自身の判断になります。まさかの場合の備えの部分も考慮し、よく比較してみてください。

郵便局の学資保険

郵貯の学資保険?





「郵貯の学資保険に入っている」などとたまにサイトに書き込みがあったりして、そんなものがあるのかと不思議に思われる方もいらっしゃるでしょう。学資保険の加入を考えるお父さんお母さんは、インターネットや書籍、口コミなど色々な方法で情報を収集し、比較検討していることだと思います。


さて、冒頭で書いた「郵貯の学資保険」ですが、これは半分合っていて、半分間違っていると言えます。まず、郵便局で学資保険を取り扱っているのは事実です。しかし、郵貯が学資保険をやっていると言うのは間違いです。学資保険を取り扱っているのは郵便局の保険の部門であるかんぽ(簡易保険)です。


かんぽの学資保険は、一昔前では「学資保険といえば簡保」というぐらいにポピュラーなものでした。15歳・18歳・22歳から満期が選べ、契約者に万が一のことがあった時に育英年金が支払われる育英学資付きのプランも選べます。また、病気や災害についての特約をつけることも出来ますので、総合的な学資保険として今でも安定した人気を保っています。


ちなみに、入る前からするお話でもないですが、郵貯の口座を持っていれば、解約時に解約還付金をそちらに振り込んでもらうことが可能です。

郵便局の学資保険

郵便のついでに学資保険




郵便局には手紙を出す時にしか行かない人も多いでしょう。実は郵便局でも学資保険を取り扱っています。今は多種多様な学資保険がありますので埋もれがちですが、一昔前までは郵便局といえば学資保険のスタンダードだったのです。


郵便局の学資保険は、15歳満期・18歳満期・18歳満期生存保険金付き・22歳満期生存保険金付きの4種類があり、それぞれ加入の上限年齢や満期の時期、一時金の受け取り時期が異なります。これだけでも比較検討の必要がありますが、郵便局の学資保険には他の多くの学資保険同様、育英学資(他でいう育英年金)と言うものがあります。


育英学資とは、上記の学資保険の内容にプラスして、契約者(親御さん)の身に万が一のことがあった場合に育成年金が毎月支払われると言うものです。また、医療や災害関連の特約もありますので、要チェックです。 


きっちり比較して自分にとって最適な学資保険を選ぶようにしたいのが基本ですが、郵便のついでに学資保険も、なんて言うのもひとつですね。

郵便局の学資保険

解約について





お子さまの未来のためにと、郵便局の学資保険(かんぽの学資保険)に加入したはいいが、やむに止まれぬ事情のため・あるいは今一度学資保険比較検討しなおそうと思い立ち、解約をしようとしたとしましょう。あなたは契約した局の窓口まで解約をしにいきますか?


郵便局の学資保険の解約は、基本的にどの局の窓口でも可能です。全国ネットワークの郵便局ならではの小回りの効くところはありがたいです。注意しなければいけないのは、例えば契約者の奥様が手続きに行っても基本的には解約できません。契約者ご本人が窓口までいくようにしましょう。


もしも契約者が郵便貯金に口座を持っていたなら、解約時の解約還付金をその口座に振り込んでもらう手続きを取ることも可能です。


郵便局の学資保険を解約した場合、もともとが元本割れの保険なので、当然今まで支払った分満額は戻ってこないことを最後に書いておきます。

郵便局の学資保険

満期について





郵便局の学資保険では、数種類の満期の中から好きなものが選べるようになっています。ここでは郵便局の学資保険の満期について少し書いていこうと思います。学資保険の加入を考える皆様の、比較検討の手助けになれば、と思います。


郵便局、つまりかんぽの学資保険では15歳満期・18歳満期・22歳満期の3種類から満期を選べるようになっています。また、その中で18歳満期と22歳満期で生存保険つきのものに加入すると、18歳満期では12・15歳、22歳満期では18・20歳時に生存保険金として一時金が受け取れます。
それぞれの満期に育英学資付きのものも用意されており、万が一契約者になにかあった時の備えも充実しています。


郵便局の学資保険は、満期までに受け取れる金額の返戻率はそれほど高くありません。しかし、特約として入院や災害などの保障がそろっているので総合的に考える必要があります。


昔はほとんどの人が郵便局の学資保険に入っていたと聞きますが、今は満期・返戻率・特約について各社が様々なものを出していますので、十分比較して自分にあったものを探してください。

郵便局の学資保険

かんぽの学資保険は遠くなりにけり





かんぽの学資保険、ご存知ですか?今現在、学資保険は大変多くの保険会社から出ていますので、比較するのも大変です。しかし、一昔前は学資保険といえば「かんぽの学資保険」という時代だったのです。


そもそも「かんぽ」って何?と言う人もいるでしょう。かんぽとは「簡易保険」の略で、郵便局で取り扱っている保険のことなのです。昔は選択肢も少なかったこともあり、学資保険といえばかんぽの学資保険が大多数を占めていたのです。


ところが、今は状況が違います。数々の保険会社がその保険会社なりのメリットを打ち出し、学資保険を売り込んでいます。そして、それを調べる側のわれわれは、インターネットを利用し、ボタンひとつで種々の学資保険を検索することが出来ます。


そのうち、ほとんどの親御さんがかんぽの学資保険って何?そんなの知らない。と言う時代が来るかもしれません。

郵便局の学資保険

学資保険といえば郵便局?





学資保険なら郵便局で決まり!!」。そんなことが言われていた時代もあったようです。かつて子供の教育費の積み立てのための学資保険は、郵便局の簡易保険のものに加入するのが当たり前でした。しかし、最近はまったく話が違うようです。


周知のとおり、インターネットは情報を即時に、かつ多方面から集めることが可能です。今の新米パパママ世代はほとんどの人がパソコンやインターネットを使えますから、一生を決めると言っても過言ではない学資保険の選択は、当然数ある保険会社の中から比較比較を重ねて決めるでしょう。


特に、最近は返戻率の良いもの、医療保障の厚いものなど条件がすばらしいものが目白押しです。かといってやはりオーソドックスで安心感のある学資保険として、郵便局の簡易保険も捨てがたいものです。


すべてひっくるめて真剣に比較し、ベストチョイスをしましょう。

郵便局の学資保険

郵便局の学資保険





郵便局では様々なサービスを行っていますが、利用者が多いものに学資保険があります。ここでは、郵便局の学資保険について、少し詳しく書きたいと思います。


郵便局の学資保険は、15歳満期・18歳満期・18歳満期生存保険金付き・22歳満期生存保険金付きの4種類があり、それぞれ加入の上限年齢が異なります。これだけでも比較検討の必要がありますが、郵便局の学資保険には、さらに育成学資と言うものがあります。


育英学資とは、上記の学資保険の内容にプラスして、契約者(親御さん)の身に万が一のことがあった場合に育成年金が毎月支払われると言うものです。


名前が知れているから郵便局の学資保険にしようかな、と漠然と思ったとしても、どの内容のものを選ぶかも重要ですから、きっちり比較して最適なものを選ぶようにしたいですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。