全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

学資保険全般

ソニーがおすすめ! 学資保険





ソニーと言えば、世界に名だたる大企業。様々な分野で名前を聞くことができます。お子様の教育資金積み立ての強い味方、学資保険でもソニーの名前は有名です。現在、ソニー生命の学資保険はネットでの比較サイトや口コミで評価の高いもののひとつです。


ソニーの学資保険が人気である秘密は、なんといってもその貯蓄性の高さにあります。18歳の満期と、進学の節目にお金を受け取ることのできる「18歳満期T型」で返戻率が約109%とう好条件です。学資保険は生命保険ですから、契約者に万が一のことがあっても支払いは続きますので、どちらにしても支払った額よりも多くのお金を受け取ることができます。反面医療の面での特約や育成年金が無い部分は気になりますが、他の保険と併用してカバーしている人も多いようです。


ソニーの学資保険のもうひとつの人気の理由は、加入時にプランナーがついて一緒に最適なプランを考えてくれることです。学資保険の加入は大げさに言えば一生を決めかねないものですから、こういった面でもソニーの学資保険はおすすめだと言えます。


最後に注意を一点。先ほどから「ソニー」と連呼していますが、学資保険をやっているのは「ソニー生命」で、「ソニー損保」ではありません。お間違え無いように。

学資保険全般

学資保険で人気のあるものは・・・

近年のインターネットの普及により、学資保険を選ぶ際にも人気のものを抽出した上で、選ぶことができ、比較検討の助けとなっています。見るサイトによって学資保険で人気のあるものとして紹介されている会社はまちまちですが、学資保険の中で総じて人気の高いものを2,3紹介したいと思います。


まずはソニー生命の学資保険が、最近では人気の高いもののひとつとなっています。こちらはなんといっても高い返戻率が魅力。進学の節目と18歳満期にお金を受け取ることが出来る「18歳満期T型」を例に挙げると、返戻率が108.9%とかなり高い数字になっています。加入の際にプランナーが一緒に最適なプランを考えてくれるのも評価が高いです。通販も可能なのはうれしいですね。


次に、皆さんも一度は見たことがあるでしょうアヒルのCMでおなじみのアフラック。「かわいいこどもの保険」と言う名前で出ている学資保険です。人気の秘密は世界的格付会社のスタンダード&プアーズから、「AA」という最上級の評価をされていること。学資保険比較の上ではかなりのプラス材料です。医療保障の特約はありませんが、返戻率は100%以上ですし、インターネット通販もできます。ランキング上位の常連なのもうなずけます。


最後に紹介するのがアリコジャパンのこども保険です。返戻率は高くありませんが、特約として子供の医療保障が厚くなっています。また、子供が事故にあわずにすごせたら、無事故ボーナスがでます。万が一のことを考えて特約を厚くしたい人にはお勧めです。


こうして学資保険のなかで人気の高い3社を挙げただけでも、一概には選べないくらい条件が違ってきます。比較検討も一苦労だと思います。しかし、そこは可愛い子供の将来のため、是非とことん調べてベストな選択をしてください。

学資保険全般

共済の学資保険





「共済の学資保険」。それほど聞きなれないのではないでしょうか。JA共済ではこども共済という学資保険の仕組みを踏襲するものがありますが、COOP共済や県民共済などでは学資保険と冠するものは出ていません。しかし、全部ひっくるめて学資保険のカテゴリーにいれてこうやってお話するのには理由があります。


COOPや県民共済には、18歳未満のこどもを対象にした医療関係の保険が存在します。掛け金は非常に安く、JA共済や千葉県民共済の例では月々1000円というものからあります。
この割安な掛け金の保険が、学資保険と結びついてきます。


返戻率を重視した学資保険には、医療保障の特約まではサポートされてない場合があります。そこで出てくるのが先に挙げた共済のもので、返戻率重視の学資保険と組み合わせることで脇を固めた非常にバランスの良い学資保険となるのです。


学資保険の加入にあたっては、上記のように組み合わせで比較検討することも忘れずに。

学資保険全般

学資保険と確定申告について





学資保険への加入を考える際、心配になることのひとつが祝い金や満期金を受け取ったときに確定申告が必要になるのではないかと言うことです。学資保険で受け取ったお金については、どのような扱いになるのでしょうか?


学資保険の一時金や満期の受取金は、一時所得に区分されます。したがって、基本的には確定申告が必要となります。しかし、税金が発生するのは受け取った金額が今までに支払った金額よりも50万円以上多い場合になりますので、実は多くの場合は確定申告をする必要のないケースになります。


ここで注意が必要なのは、一時所得の金額は他に所得のあった場合もまとめて計上されるということです。つまり、例えば同時期に学資保険と別に保険金を受け取っていた場合などは、確定申告の必要が生じたりもします。


学資保険比較する際には確定申告の有無まで考慮することをおすすめします。

学資保険全般

郵政民営化と学資保険




郵政民営化なんて言葉もいまや昔のはやり言葉のように感じてしまいますが、郵政省が郵政公社になったのは事実です。そこで1点気になるのが保険。郵便・郵便貯金・簡易保険の事業が郵政公社に譲渡され、郵政省が取扱っていた保険も同様の扱いになりました。しかし扱いが変わっただけかと言えば、それだけではない部分もあるのです。


郵政省が取り扱っていた時代には郵便局の保険は非常にスタンダードなもので、ほとんど決まりごとのように郵便局の保険を選んでいたようです。しかし、民間の保険会社が魅力のある保険でどんどんその牙城に切り込み、加入が拡散した結果、郵便局の保険の加入者は減少してきました。お国の後ろ盾と言う安心感で支えていた柱も、郵政民営化が還ってもろくしてしまったようです。


郵政民営化はこんなところで弊害を生んでいるのですが、保険比較検討の際には依然郵便局のものは選択肢にあがってくることが多いです。全国各地に窓口がある利便性も捨てがたいものですので、言い方は悪いですがまだまだ捨てたものではないと思います。

学資保険全般

郵便貯金と学資保険について





郵便貯金の口座をお持ちの方は多いと思いますが、通便局では学資保険も取り扱っています。郵便貯金と郵便局の学資保険はなにか得になるような関連性を持っているのでしょうか?


実際のところは直接有益になる条件は無い、というのが答えになるでしょう。郵便局においては郵便・郵便貯金・簡易保険の3事業を行っており、郵便貯金はそのまま郵便貯金、学資保険は簡易保険の取り扱いになります。郵便貯金と学資保険の取り扱いはまったく別物と考えてよいでしょう。ただし、郵便貯金の口座を持っていれば、学資保険の解約時に解約還付金をそちらに振り込んでもらうことが可能です。そのために郵便局の学資保険に加入する、という動機には当然ならない程度のお話です。


郵便局の学資保険の魅力のひとつは全国にいたるところに窓口(郵便局)があるというところですが、貯金関係と保険関係が同一の場所で、しかも全国各地で用事を済ませられる点は利便性が高いと言ってよいでしょう。郵便貯金と学資保険、関連性があるような無いような話になってしまいましたが、学資保険の加入に臨み、比較検討の材料になるような情報は提供できたでしょうか?

学資保険全般

農協の学資保険





農協にも学資保険があるのをご存知でしょうか?農協の保険部門と呼べるJA共済にはこども共済と言う学資 保険が存在します。掛け捨てではなく、満期共済金を受け取ることが出来るれっきとした学資保険です。


農協の学資保険 の特徴は、節目の年に受け取ることが出来る祝い金の受け取り回数が多いことです。「えがお」と言う種類のもので、入学祝金タイプ(22歳満期、0歳加入)だと3・5・11・14・17、そして満期の22歳にそれぞれ祝金を受け取ることが出来るようになっています。満期にどかっとでは無く、その都度必要なときに使っていきたい人には良い契約内容だと思います。


農協の学資 保険は、返戻率はよくありませんが、保障の面では充実しています。特約として医療保障や災害に対する給付をつけることが出来ますし、育成年金についても「養育年金付き」を選ぶことでつけることができますので、万が一のときの安心感は高い保険だといえます。


学資保険の加入には徹底的な比較 が必要ですが、今回紹介した農協の学資 保険の内容がその手助けになれば幸いです。

学資保険全般

学資保険の税金





子供のために学資保険に加入しようと思い立った時、気になるのが税金のことではないでしょうか?会社間で学資保険の内容を比較するのも大事ですが、税金のことは結構重要ですので、事前に知っておきたいですね。


学資保険にかかる税金としては、一時金や満期の際に受け取るお金は一時所得となり、所得税がかかることになります。ただし、一時所得には50万円の非課税枠があります。平たく言うと受け取った額がこれまでに支払った額より50万円以上多いときのみ、課税対象となります。


注意したいのが、契約者に万が一の事があった場合に毎年お金が支払われるようになる育成年金の契約です。その毎年支払われる育成年金は、実は雑所得として課税対象になります。さらに注意が必要なのが、受取人が子供であった場合子供がお金を受け取りすぎると扶養の対象から外れてしまう部分です。


学資保険は税金のことも加味した上で、比較検討しましょう。

学資保険全般

学資保険・子供保険





学資保険・子供保険はお子さんを育てる上で非常に頼りになる保険です。学資保険、子供保険、またはこどもの保険など保険会社によって呼び方は違いますが、将来の子供の教育費、つまり学資のために貯蓄と保険がなっているものを一般的にさします。大きく見ると、まとめて学資保険と呼ばれていることが多いようです。


強制的に貯蓄していかないと貯める自信が持てない・・・なんて人にはもちろんお勧めですが、貯蓄の面だけでないメリットが学資保険・子供保険にはあります。


ひとつは契約者(親御さん)に万が一のことがあったときに、以後の保険料の支払いが免除される特約が多くの場合そなわっていることです。また、育成年金付きの保険に入れば、万が一のことがあった時には育成年金が毎月支払われるようになります。その他、医療保険の特約など会社によって様々な特約があります。


まずはインターネットで学資保険・子供保険で検索して、出てきたものを色々と比較してみてください。

学資保険全般

簡易保険の学資保険離れ






簡易保険といえば、郵便局で加入できるものですが、この簡易保険学資保険、加入数がどうやら減っているようです。私もこれから学資保険を考える歳なのでそんなに前のことは知りませんが、昔は学資保険といえば郵便局の簡易保険と相場が決まっていたようです。


そんなポピュラーな簡易保険学資保険、どうして減少の一途をたどっているのでしょうか?
これだ!という答えは私には出せませんが、ひとつには比較対象が非常に増えたことがあると思います。アフラック・ソニー・あいおい・朝日・・・。現在大変多数の会社が学資保険をやっています。インターネットで情報が集めやすく、あげくにはインターネットで申し込みできるものもあるのですから、一人勝ちとはいかないのも当然です。


また超個人的意見ですが、郵便局は地味なイメージがあるから敬遠されがちになったのかな・・・などとも思います。なんとなく新しくて派手な感じが受ける世の中なので。


かといって決して簡易保険学資保険が他に比べてすごく悪いなどということはありません。自分でしっかり調べて比較検討し、流されず自分できっちり決断することがなにより大事だと私は思います。

学資保険全般

学資保険について・・





学資保険と言う保険をご存知ですか?学校に通う子供を持つ親ならば、当然ご存知だと思います。学資保険とは、呼んで字のごとく学資の為の保険です。


子供を授かるのは、人生において一番の喜びと言ってもいいかもしれません。しかし、同時に子供が一人前になるまでは、子供をずっと養って行く苦労と費用を背負うことになります。その大変な費用を早い段階で積み立てして、いざ子供が学校に通うようになってから使えるようになっているのが学資保険です。


学資保険は一般に積み立て部分と保険部分の2本だてになっていますが、保障内容・給付金・特約等どれを取っても保険会社によって異なります。場合によっては積立金を自分で運用し、別途生命や入院保険のみ加入すると言う選択肢もあります。いずれにせよ、比較検討が必要となってきます。この比較検討を間違えると、子供の将来にまで響くことになりますので、学資保険の選択はくれぐれも慎重に行いましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。