全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

貯蓄

生活保護と学資保険について





生活保護を受けている世帯に取ってみても、子供の将来のために学資保険に加入する人は当然います。しかし、古くから生活保護と学資保険については裁判や議論で散々争われている問題です。少しご紹介したいと思います。


なぜ生活保護の需給と学資保険がそこまで問題になるかというと、その原因は主に満期金にあります。満期金は所得税の対象となることからも分かるとおり、一般には所得として扱われます。生活保護はその人の所得額によって需給の有無や額が変わりますから、満期の金額を受け取った時にその対処が問題となるわけです。


かつては学資保険の支払い金を収入として生活保護が減額されるのが通例である時代だったようなのですが、2004年に行われた裁判で学資保険保険金受取を受けての生活保護の減額は違法であるという判決が出たことで、情勢は変わったようです。


昔に比べれば比較的人間らしく生きられる権利が平等に与えられる時代になってきたといえるかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。