全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

貯蓄

離婚と学資保険





あまり想像するのが楽しい話ではないのですが、人生には結婚もあれば離婚も起こりうるものです。学資保険に加入されている方は、離婚後の処理について想定をしておいた方が良いでしょう。その理由をこれからお話します。


離婚と学資保険は案外ややこしく結びつきます。学資保険は子供が対象の保険ですが、その実契約者も満期金の受取人も基本的にはその親御さんになります。したがって、離婚して引き取り先ではない方の親御さんが学資保険の契約者だった場合は、お子様の所在とは関係なく満期金などはそちらに支払われます。財産分与で半分受け取るようには出来るでしょうが、お子様の教育資金が分割されてしまっては意味がありません。


もしも万が一離婚して、学資保険の契約者で無く且つお子様の引き取り手になる場合には必ず前もって学資保険の名義をご自分になさるようにしてください。まだ加入されていない方は、名義変更の手続きの容易さなども比較検討の材料にしておきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。