全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

学資保険全般

郵政民営化と学資保険




郵政民営化なんて言葉もいまや昔のはやり言葉のように感じてしまいますが、郵政省が郵政公社になったのは事実です。そこで1点気になるのが保険。郵便・郵便貯金・簡易保険の事業が郵政公社に譲渡され、郵政省が取扱っていた保険も同様の扱いになりました。しかし扱いが変わっただけかと言えば、それだけではない部分もあるのです。


郵政省が取り扱っていた時代には郵便局の保険は非常にスタンダードなもので、ほとんど決まりごとのように郵便局の保険を選んでいたようです。しかし、民間の保険会社が魅力のある保険でどんどんその牙城に切り込み、加入が拡散した結果、郵便局の保険の加入者は減少してきました。お国の後ろ盾と言う安心感で支えていた柱も、郵政民営化が還ってもろくしてしまったようです。


郵政民営化はこんなところで弊害を生んでいるのですが、保険比較検討の際には依然郵便局のものは選択肢にあがってくることが多いです。全国各地に窓口がある利便性も捨てがたいものですので、言い方は悪いですがまだまだ捨てたものではないと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。