全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

子供の保険

郵政省の学資保険





郵政省が取り扱っていた学資保険といえば、もちろん郵便局の簡易保険で扱っている学資保険のことです。今は郵便・郵便貯金・簡易保険は郵政公社が取り扱っていますので郵政省が取扱う学資保険は厳密には存在しません。しかし扱いが変わっただけかと言えば、それだけではない部分もあるのです。


郵政省が取り扱っていた時代には郵便局の学資保険は非常に人気が高く、孫が生まれればお爺さんお婆さんは早速郵便局に行き学資保険の加入を申し込む、と言ったほどポピュラーなものでした。しかし、たくさんの保険会社が魅力のある学資保険を発売していった結果、そういった保険会社へと加入が拡散していってしまい、郵便局の学資保険は加入が減少してきました。さらにいうと簡易保険の事業が郵政公社に譲渡され、やがて民間に移行すると言う状況は、国の後ろ盾という安心感がなくなることを意味し、加入の減少に拍車をかけたようです。「それだけでない部分」とは、ここなのです。


上記のような現状があるとはいえ、郵政省の時ほどの信頼性はないですが郵便局の学資保険はスタンダードで脇の固まった学資保険ですので、比較検討の際には是非選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。