全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

子供の保険

学資保険の返戻率





お子さんの将来を考え、学資保険を調べていると返戻率という言葉が良く目に入ってくると思います。ここでは学資保険の返戻率についてお話したいと思います。


学資保険の返戻率とは、学資保険を満期まで払い続けたとき、最終的に受け取る金額が支払い総額に対してどれくらいの差があるのかを、割合で表したものです。例えば保険料の支払い総額が400万円で、満期に一括で受け取った金額が440万円なら、返戻率は110%となります。この計算をする際は、節目に受け取る一時金も合わせ、総額同志で計算をします。


貯蓄という視点で見た場合には、当然返戻率が高い方が良いですし、単純に考えたら積み立てたお金の返戻率が100%以下なら、損した気分にもなります。しかし、そこは学資保険」というものですので、保障が厚ければその分の費用は掛け捨てという見方になります。


学資保険を選ぶ際には返戻率だけでなく、契約内容をしっかり確認して比較検討しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。