全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

学資保険の検討

学資保険、最終的にはいくら受け取れるの?





お子様の将来の養育資金を考え、加入を検討するのが学資保険ですが、そこで気になるのが果たして掛け金に対していくら戻ってくるのかという点ではないでしょうか?その指標になるのが返戻率と言う数字です。


返戻率とは、積み立てた総額に対して満期までに受け取る金額がいくら多いかを割合であらわしたもので、例えば満期までに400万円を総額で支払い、満期までに受け取った金額が440万だったとすると返戻率は110%になります。


返戻率の高い学資保険としてはソニー生命やアフラックのものがあり、総じて人気の高い学資保険となっています。


ここで忘れてはいけないのが、学資保険は積立と保険の両側面を持つことです。返戻率の良い学資保険に入り、いくら満期の金額に思いを馳せたとしても、自分に万が一のことがあったときの保障がしっかりしていなければ明るい子供の未来に影が差してしまいます。


返戻率が低い代わりに保障がしっかりしている学資保険もたくさんあります。いくらもらえる?だけでなく、保障の面もしっかり見て比較検討するようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。