全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

学資保険の紹介

学資保険の紹介:簡易保険の場合





将来の子供の教育資金運用のための学資保険ですが、簡易保険というものはご存知でしょうか?簡易保険、というと「?」となってしまうかもしれませんが実は簡易保険とは「かんぽ」、つまりは郵便局で取り扱う保険のことです。学資保険も色々あって比較も一苦労ですが、その助けにここでは簡易保険のものを紹介したいと思います。


簡易保険学資保険では、15歳満期・18歳満期・22歳満期の3種類から満期を選べるようになっています。その中で18歳満期と22歳満期については、生存保険つきのものに加入すると18歳満期では12・15歳、22歳満期では18・20歳時に生存保険金として一時金が受け取れるようになります。満期の一時にまとまった額を受け取るか、進学の節目に必要な額を分割して受け取るか、という選び方になると思います。それぞれの満期のものに育英学資付きのものも用意されています。ちなみに育英学資とは、万が一契約者になにかあった時に以後毎年育英年金が受け取れるというものです。


郵便局の学資保険は、満期までに受け取れる金額の返戻率は高いとはいえません。しかし、医療に関する保障が厚く育英学資なども整っていますので、保障に重きを置く人には良いかもしれません。


学資保険はここで紹介した簡易保険のものだけではありません。十分比較して自分にあったものを探してください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。