全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

学資保険の検討

確定申告と学資保険について





サラリーマンの方にはあまりなじみが無いかもしれない確定申告ですが、学資保険の祝金などの一時金や、満期で支払われるお金を受け取ったときにはどうでしょうか?確定申告と学資保険の関係については、将来のために是非知っておきましょう。


確定申告が必要となるのは、学資保険で一時金や満期金の受取があった年です。これらの受取金は、一時所得に区分されるからです。しかし、これらの受取金があった時に必ず税金が発生するわけではありません。所得税を払う必要が生じるのは、受け取った金額が今までに支払った金額よりも50万円以上多い場合になりますので、実は多くの場合は確定申告をする必要のないケースになります。


しかし、もう一点注意が必要なことがあります。一時所得の金額は他に所得のあった場合もまとめて計上されるということです。つまり、例えば同時期に学資保険と別に保険金を受け取っていた場合などは、確定申告の必要が生じたりもします。


確定申告が必ず必要なほど学資保険の返戻率が高ければ、比較検討の際もさほど迷わないと思うのですが、なかなかそうも行かない世の中です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。