全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

郵便局の学資保険

郵貯の学資保険?





「郵貯の学資保険に入っている」などとたまにサイトに書き込みがあったりして、そんなものがあるのかと不思議に思われる方もいらっしゃるでしょう。学資保険の加入を考えるお父さんお母さんは、インターネットや書籍、口コミなど色々な方法で情報を収集し、比較検討していることだと思います。


さて、冒頭で書いた「郵貯の学資保険」ですが、これは半分合っていて、半分間違っていると言えます。まず、郵便局で学資保険を取り扱っているのは事実です。しかし、郵貯が学資保険をやっていると言うのは間違いです。学資保険を取り扱っているのは郵便局の保険の部門であるかんぽ(簡易保険)です。


かんぽの学資保険は、一昔前では「学資保険といえば簡保」というぐらいにポピュラーなものでした。15歳・18歳・22歳から満期が選べ、契約者に万が一のことがあった時に育英年金が支払われる育英学資付きのプランも選べます。また、病気や災害についての特約をつけることも出来ますので、総合的な学資保険として今でも安定した人気を保っています。


ちなみに、入る前からするお話でもないですが、郵貯の口座を持っていれば、解約時に解約還付金をそちらに振り込んでもらうことが可能です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。