全国の「保険のプロ」があなたの保険をもっとお得に!『ファインドイット』

学資保険全般

学資保険の税金





子供のために学資保険に加入しようと思い立った時、気になるのが税金のことではないでしょうか?会社間で学資保険の内容を比較するのも大事ですが、税金のことは結構重要ですので、事前に知っておきたいですね。


学資保険にかかる税金としては、一時金や満期の際に受け取るお金は一時所得となり、所得税がかかることになります。ただし、一時所得には50万円の非課税枠があります。平たく言うと受け取った額がこれまでに支払った額より50万円以上多いときのみ、課税対象となります。


注意したいのが、契約者に万が一の事があった場合に毎年お金が支払われるようになる育成年金の契約です。その毎年支払われる育成年金は、実は雑所得として課税対象になります。さらに注意が必要なのが、受取人が子供であった場合子供がお金を受け取りすぎると扶養の対象から外れてしまう部分です。


学資保険は税金のことも加味した上で、比較検討しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。